クラシアンが請け負う件数の多い浴室トラブル

クラシアンには、年間86万件以上の水回りトラブルの相談が寄せられます。その中でもトイレと並んで多いのが浴室です。そのため、浴室のトラブルシューティングの経験はクラシアンが日本一だと言えます。

クラシアンに依頼される浴室のトラブルの中でも多いのが、シャワーをしっかりと止めてもポタポタと水が垂れ落ちるようなトラブルです。浴室ですから水を流す機能はしっかりとしておりますので、キッチンやトイレから水漏れした時のような緊急性の高いトラブルではありませんが、しっかりと止めても水が出るのは水道料金が上がりますし、気持ちもすっきりとしません。

そんな場合にはクラシアンの無料点検を行うと、しっかりと原因を究明して修理をしてもらう事ができます。しっかりと止めていても水がポタポタと落ちる時に多いのが、シャワーヘッドなどのゴムパッキンが劣化しているような場合です。この場合には、ゴムパッキンを交換すればすぐに状態は回復します。

これ以外にも、クラシアンでは給湯器の交換の依頼も増えております。古い給湯器を使用しているため光熱費が高くなっている浴室に、最新の給湯器を入れる事で光熱費を抑える事ができるため、長い目でみて給湯器の交換を依頼される方が増えているのです。